« いよいよ今夜『JIN-仁-』完結編 最終話 | トップページ | 家庭菜園 プチトマト“アイコ”初収穫! »

2011年6月27日 (月)

『JIN-仁-』完結編 最終話の感想

ついに終わってしまった・・・。

毎週楽しみにしていたドラマが終わっちゃたcrying

やっぱ原作と違った終わり方でしたぁconfident

咲さんのお手紙に感動crying

平井堅さんの曲が流れて『JIN-仁-』完結編の幕が閉じるのかと思っていたら・・・

最後の脳腫瘍で運ばれてきた女性患者のオペを南方先生が行おうとしたとこで

”となりました!!

続きありそうな終わり方やん!

咲さんのお手紙で終わっていたら視聴者納得した終わり方のような気がいたしますな~。

こうなれば・・・

続きが観たいsign03

のでございます。

あの続き期待しちゃうなぁhappy02

こうなりゃ映画か?でもコレで完結だもんね~。

ちょっと納得いかないけど・・・コレでよかったんでしょうか?coldsweats01

ドラマとしては最高のデキだったと思いますね(^^)

役者、ストーリー、演出などなど最高でしたよhappy02

DVD-BOX欲しいなぁ( ̄▽ ̄)

続きが観たいってのが今の気持ちです。

私的に.大人になって観たドラマで1番良かったですわ。

『JIN-仁-』完結編 最終話の感想は以上であります。

これから日曜日の夜が寂しくなりますなぁhappy02

これだけ私の気持ちを熱くするドラマ、また出てくるのかなぁ?

|

« いよいよ今夜『JIN-仁-』完結編 最終話 | トップページ | 家庭菜園 プチトマト“アイコ”初収穫! »

コメント

結局、仁先生個人にとっていちばん大きな歴史の変更は、タイムスリップする前に失敗した未来の脳手術を、もう一回やり直すチャンスを与えられたことだ、って終わり方で、しかもそれは、野風と咲が麻酔なしの帝王切開を決意して、安寿が生まれたからそうなったわけで「歴史は女によって作られる」って本当だなあ、と感心しちゃいました(笑)。
「現代の恋人が野風にそっくりで、仁はその脳手術に失敗した」という設定が、原作にないドラマオリジナルだった(はず)ので、咲さんのことも大事にしながら、最後はオリジナル設定の部分に持ってくる、良い終わり方だったと思います。
ただ仁のなかに入りこんだ龍馬の意識と胎児型腫瘍との関係は、やっぱりイマイチよく分からなかったなぁ。

投稿: Leo16 | 2011年6月27日 (月) 08時38分

自分は、元からいた未来さんはどうなったの?って疑問なんだけど・・・
先祖が違うんだから、昨日出てきたのはそっくりな他人だよね?

投稿: 万丈 | 2011年6月27日 (月) 22時57分

私も観ました~^^
言い終わり方でしたよねー!
っはぁ~なるほど・・それでか~・・とか1人で納得しつつ観てました。
咲さんの一途な恋心にも、ほろり・・と、きました。
最後運ばれてきたミキさんの手術、今度は成功してるといいですよね^^

投稿: 真雪 | 2011年6月28日 (火) 08時32分

>Leo16さん
コメントありがとうございます!!

原作も良かったですけど
ドラマも良かったですぞ!!
「プリトヨ」映画化も
そのあたり見習って欲しかったですなcoldsweats01

>仁のなかに入りこんだ龍馬の意識と胎児型腫瘍との関係
これは「JIN」の原作20巻を読んでくださればわかりますよcoldsweats01
確かにドラマじゃ判りにくかったですねbearing

投稿: ぽんた | 2011年7月 1日 (金) 05時55分

>万丈さん
コメントありがとうございます!!

時代の修正力で、いなくなったんじゃないのthink
最後、薬だけタイムスリップしてしまった
時点でも過去の時代の背景が
変わってるのも驚きでした。
南方先生は何処に?sad

投稿: ぽんた | 2011年7月 1日 (金) 05時58分

>真雪さん
コメントありがとうございます!!

最後のシーンは視聴者のご想像に・・・
ってことでしょうなhappy01
ホントいい終り方でしたぞ!!
咲さん長生きしたんですね・・・
○○先生を思いながらconfident

投稿: ぽんた | 2011年7月 1日 (金) 06時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105527/52054996

この記事へのトラックバック一覧です: 『JIN-仁-』完結編 最終話の感想:

« いよいよ今夜『JIN-仁-』完結編 最終話 | トップページ | 家庭菜園 プチトマト“アイコ”初収穫! »