« 森永ホットケーキ ミルクセーキ | トップページ | ドラマ「鹿男あをによし」ロケ地めぐり2010≪高松塚古墳編≫ »

2010年11月 5日 (金)

『国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開』に行ってきました!

念願の秋の一般公開が当り、11月3日(文化の日)に行ってきました。

時間指定・班ごとによる定員制の見学なのだ!(1班定員15名)空きがある場合、当日受付も可能なのだ。

Img_6592 

受付場所の国営飛鳥歴史公園前 受付場所(白いテント)でございます!

Img_6626 受付したら資料が配布され

Img_6593 ↑事前ガイダンスが行われるセミナー室前にあった看板です。

帰りに高松塚古墳寄って帰らなきゃ(^^)

5~10分ほどセミナー室で高松塚古墳の発見から今日までの経緯の説明を受け

その後、2列に並んで歩いて修理作業室へ!

Img_6594 

↑この建物の中に修理作業室があるなり!

ココでの見学時間はたった10分程度。(めっちゃ短いsweat02

セミナー室・修理作業室は携帯電話の使用と写真撮影は禁止でしたhappy02

Img_6628 

↑頂いた資料より、

内部は紫外線防止フィルムを貼ったガラス越しからの見学でした。

正直、手前に並んでる石材の壁画は見えるのですが・・・奥の石材は、壁画は、ほとんど見えませんでした。

大人でさえ見えないのに・・・・当然子供は、もっと見えない(≧ヘ≦)

抱っこして!と坊やに言われ、抱っこしてみたが彼が重たすぎるせいか(?)意外と上まで持ち上げられなくて、奥まで見えないこと坊やもぼやいてました

飛鳥美人の名で親しまれてる西壁女子群像をガラス越しに生で観て

意外と壁画って小さいモンなんだなぁって思った。

説明では、壁画は凝灰岩の表面に塗られた厚さ数ミリメートルの漆喰の上に描かれていて、この石(1個あたり約1200kg~1500kg相当)は大阪府と奈良県の間にある山から運ばれたものであるそうな。

考古学に詳しくない職員さん(文化庁の方?)と話をしていたのですが、その方の話では石はたぶん川など使って水を利用して運ばれたんじゃないか(?)とおっしゃっていました。

私は、小さな丸太のようなものを並べ、石の下に板など敷いて大人数でひっぱるか、押すなどして運んだのかなぁ?と考えたりしてました。

すべては謎であるのですが・・・coldsweats01

日本に文字が、仏教のお経以外ほとんど普及していない時期だからでしょうか(?)

まったくどんな目的で壁画が描かれてるのか?誰が描いたのか?全くわからないのであります。記録は文字で残さなきゃbearing

Photo_tenkaizu

↑よくある質問で「壁画は石室組む前に描かれたものか?後から描かれたものか?

正解は、石室組まれた後だそうです。

石室の床に顔料の滴が百箇所ほど残ってるそうです。

他にも西壁女子群像東壁女子群像 は同じ人が描いたものではないという説まであるらしい・・・。

正直言って西壁と東壁にある男子群像って、わからんかったsweat01

西壁白虎 って、ガラス越しじゃ私の目じゃ見えなかった。(手前に置いてあったけど)

見学室でたまたま自分の目の前が西壁女子群像だった。

最初見たとき、ものすごい感動モノでありましたcrying

見学していたら修理作業室に直接入って壁画が真近で見たくなったよ(^^)

文化庁のHPで、高松塚古墳の概要高松塚古墳壁画の保存対策の経緯(平成18年10月~)(高松塚古墳の現場を紹介しています。)興味のある方はご覧下され!

あっと言う間に見学会は終了。

この後、高松塚古墳の現場に直接足を運ぶのであった!ドラマのロケ地めぐり兼ねてcoldsweats01(←またかsweat01

shineつづくshine

|

« 森永ホットケーキ ミルクセーキ | トップページ | ドラマ「鹿男あをによし」ロケ地めぐり2010≪高松塚古墳編≫ »

コメント

そんな小さかったんだ。
一時期話題になったけど、新聞の写真では結構大きく見えたんだけどね。

投稿: 万丈 | 2010年11月 6日 (土) 07時26分

>万丈さん
コメントありがとうございます!

写真で見ると確かに大きいですぞeye
ほんと小さかったですconfident
見学時の石の配列考えて頂かないと
石だけしか見ることできませんでしたcrying

投稿: ぽんた | 2010年11月 6日 (土) 08時34分

ぽんたさん、こんばんは。

見学時間10分は短いですね。
壁画って小さいんですね。
ニュースとかだと、大きさが判らなかったので、ある程度の大きさはあると思ってました。
初めてニュースで出たときなどは、白虎とかの絵は見えてたんですけどね。
まぁ、そのための修復作業なんですけど。

一度、見学してみたいですね。

投稿: ちみっこ | 2010年11月 7日 (日) 00時06分

>ちみっこさん
コメントありがとうございます!

ほんと小さかったですsweat01
四つ切画用紙に描けるぐらいですよ。(たぶん)
白虎は発見当時と比べて一番見えにくくなってる壁画だと思いますぞcoldsweats01
高松塚古墳どんだけ税金投入してるの?
って思えるくらい投資して保存してますぞhappy02

投稿: ぽんた | 2010年11月 7日 (日) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105527/49939909

この記事へのトラックバック一覧です: 『国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開』に行ってきました!:

« 森永ホットケーキ ミルクセーキ | トップページ | ドラマ「鹿男あをによし」ロケ地めぐり2010≪高松塚古墳編≫ »